松山まつりとは

野球拳おどりの歴史

「野球拳おどり」登場

 松山の新しい“名物おどり”に―――と、期待を込めて打ち出した「伊予の松山鼓踊り」だったが、評判は悪くはなかったものの新作ということで、もう一つ市民に溶け込むことができなかった。結局、第4回で幕を引き、昭和45年の第5回から「野球拳おどり」にバトンタッチすることになる。

 「野球拳」の歴史は古い。ただし、ひょんなことから誕生したいわくがあった。大正13年(1924)10月、高松市の屋島グラウンドが完成し、その記念として近県実業団野球大会が催された。当時、西日本に名が轟いていた強豪の伊予鉄電(現伊予鉄道)も遠征した。対戦相手は、水原茂(元巨人軍監督)らを擁する高商・高中クラグ連合。結果は、8-0で伊予鉄電野球部の完敗だった。

 その夜、高松市内の旅館で懇親会が開かれ、宴席は隠し芸の競い合いとなった。芸達者揃いの高松勢の前に、またもや伊予鉄電ナインは意気消沈。そうした仲間を奮い立たすために生まれたのが、この踊り。作者は、当時の伊予鉄電野球部の前田伍健(当時は五剣)副監督であった。

松山市内の料亭で、草創期の野球拳を披露する伊予鉄道電気野球部(大正14年頃) 即興で伍健が歌を作り、別室に部員を集めて振り付けを教えた。そして、伍健の歌と三味線に合わせ、

野球するなら こういう具合にしやしゃんせ・・・・・・
ランナーになったら エッサッサー
アウト セーフ ヨヨイノヨイ

 全員がユニホーム姿で踊りを披露すると、大いに受け、座は盛り上がり、夜の部は伊予鉄電の大勝利となった。

 この踊り、その後は松山でも流行するようになり、宴席芸の定番となっていく。当時は、「野球拳」の最後にアンパイア(庄屋)、受ける(狐)、打つ(鉄砲)という“キツネ拳”が行われていた―――というが、戦後はジャンケンで収めるようになった。

 昭和29年、突如として「野球拳」は全国的ブームとなり、キング、日本コロムビア、ビクター、ポリドールなどのレコード会社が競って発売した。ところが、作者は不明のまま。そこへ、前田伍健が名乗り出て、一件落着したいきさつもあった。

 ちなみに伍健は、後に県川柳文化連盟初代会長におさまった人物。松山が空襲で焼土と化したとき、「考えを直せばふっと出る笑い」の川柳を各所に貼り出し、市民を勇気づけたエピソードもある。

松山城下の繁華街を練り歩く「野球拳おどり」の踊り子隊 「伊予の松山鼓踊り」の後継を考えたとき、「伊予万歳」などの候補があれこれ挙げられたが、結局、親しまれている「野球拳」に落ち着いた。当時、テレビ番組で「野球拳」の面白さが取り上げられ、全国的にも有名になっていた時期でもあった。

 愛媛邦楽連盟舞踊部会(藤間藤一郎部会長)が振り付け、「野球拳」は室内から、戸外へと“進出”を果たした。『松山おどり』のメイン催事となったわけである。

そして47年、第7回から、それまで『松山おどり』とされていたものが、『松山まつり』と名称を変えた。
※当ページに掲載している文章・写真は「松山まつり三十周年記念誌」より転載しています。
ページの先頭へ戻る